[松山城](ロープウェイ乗り場まで ホテルから徒歩6分)

別名を「伊予松山城」、「金亀城(きんきじょう)」、「勝山城(かつやまじょう)」と呼ばれるこの城は、勝山山頂に本丸、西南麓に二之丸と三之丸を構える平山城で、日本三大平山城にも数えられ、山頂の天守(大天守)は、日本の12箇所に現存する天守の一つでです。
たびたび放火や失火により建造物を焼失していますが、1950年に焼失をまぬがれた天守など21棟の建造物は国の重要文化財に指定されています。


[坂の上の雲ミュージアム](ホテルから徒歩1分)

2007年4月、地下1階、地上4階建、建築家・安藤忠雄氏による設計のもと、松山城周辺の歴史や文化を意識し、周囲の自然環境に配慮され、松山市が取り組んでいるまちづくりの中核施設として開館しました。
司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』にちなんだ展示や様々な催しがおこなわれています。


[道後温泉](ホテルから路面電車と徒歩で17分)

日本三古湯の一つとしてその存在は古代から知られ、万葉集にも記されており、また夏目漱石の小説『坊つちやん』にも描かれています。
アルカリ性単純泉の湯質は、優しいなめらかなお湯で、刺激が少なく、湯治や美容に適していると言われています。全国的にも珍しい無加温・無加水の「源泉かけ流し」の温泉です。


[大街道商店街](ホテルから徒歩2分)

全長483m、一番町通りから千舟町通りにかけて南北方向に伸びた、歩行者専用のアーケード商店街です。北はロープウェー街に続いており、グルメ・ショッピングなど、枝道も含めて様々な店舗で賑わっています。


[萬翠荘](ホテルから徒歩4分)

1922年、旧松山藩主の子孫にあたる久松定謨(ひさまつ さだこと)伯爵が別邸として建設した、大正浪漫を伝えるフランス風洋館です。
戦禍を免れ、建築当時の様子をそのまま残している貴重な建築物として、1985年に愛媛県指定有形文化財に、2011年には萬翠荘本館と管理人舎の2棟が国重要文化財に指定されています。
現在は、絵画、掛け軸、伝統芸術品、各種イベント、個展などが行われています。


[とべ動物園](ホテルから車・バス等で約25~30分)

その前身を1953年に道後動物園として設立されましたが、より多くの動物がより自然生態に適した環境の中で生活できるようにと、1988年に道後よりももっと広く、「砥部焼(とべやき)」でも有名な砥部町の、静かな丘陵地である県総合運動公園内に移転、とべ動物園が誕生しました。
もとの道後動物園では世界で唯一ニホンカワウソを飼育していたことから、現在のシンボルマークにはニホンカワウソが描かれています。

操作方法説明:
…おすすめの周辺情報を一覧で表示
…大きい地図で表示



[歩いていける街巡りマップ(あそびすた)]

” せっかく松山に来たんやけん、寄っていかんけん(寄って行ったら?)、食べていかんけん(食べて行ったら?) ”

スタッフの手作りマップを館内に掲示しています。
観光マップには載っていない地元ならではのお店や、フォトジェニックな場所やお店など、ホテルから歩いて行けるスポットをたくさん集めています。

フロントでもお渡ししておりますので、ご旅行の記念にぜひお持ちください。

大きな画像はこちらをクリック

ページの先頭へ戻る